HODGE PODGE
© 2021 Hodge Podge
〒585-0053
大阪府南河内郡千早赤阪村大字小吹 390
10:00 ~ 18:00(不定休)
HODGE x PODGE in Chihaya Akasaka,
OSAKA, Japan

All-City オールシティ

2009年、All-Cityというフレッシュなトラックバイク専門ブランドを設立した若きサイクリストJeff Frane(ジェフ・フレイン)はこう語る。

「僕たちの目標はアーバンサイクリングの文化とその道具の進化に意味ある貢献をする事。お金のためではなく、流行のためでもなく、それは僕たちの人生、僕たちのラブ、僕たちの仲間作りであり、僕たちの夢だ。僕たちライダーが他のライダーのために物を作るのが僕たちの会社。マシーンと、それを乗る人々と、その二つが世界に与えられるポジティブな変化に対する情熱を生きている限りみんなで分かち合うんだ。」

MTBでトレイルやレースを走りながらウィスコンシン州の小さな街で育ったジェフは大学卒業後にミネアポリスのサイクルショップでメカニック/ビルダーとして働き出し、そこでトラックバイクやシングルスピードバイクに出会う。その生活の中で彼は自然に仲間を取り込んでアリーキャットレースを開催したり、ミネアポリス市民の為にサイクリングイベントを開催しはじめる。以降ミネアポリス市のサイクリング文化に深く入り込んでいった彼が、満を持して設立したアーバンでクールなブランドがAll-City. このCityは他でもないミネアポリス市。そのヘッドバッジやフレームのエンドにはミネアポリスの象徴ともいえる「ヘネピン橋」がほこらかにデザインされている。「BMXやスケートボードがそうだったようにトラックバイクも遅かれ早かれヒップでクールな物から、大企業も扱う商売道具になっていくと思う。そうなった時にもライダー達が本当に必要とするパーツをリーズナブルな価格で提供できライダーから支援され続ける会社を作り上げる事が僕の仕事だ。」

大都市におけるサイクリングカルチャーにかける熱い気持ちを語った後に、 ジェフは言う:「大きなことを言ってしまったけれど、バイクもバイク文化も自分自身にもまじめ過ぎは禁物だよね。リラックスして楽しみましょう。街で僕を見かけたら声をかけてね。」



"SPEED" "STYLE" "GOOD TIMES" "COMMUNITY"

ALL-CITYの核となっているのがこの4つの要素。

そしてALL-CITYのゴールは"BRING BEAUTY BACK TO PRODUCTION BICYCLES"。
この"BACK"というワードがALL-CITYの肝だったりする。

ALL-CITYのプロダクトはスペックは現代的でありながらも、細部に古典的なが美しさがある。
80年代や90年代の自転車に見られる美しいラグやドロップアウト、フェードカラーやスプラッター塗装などなど。
大量生産の陰に今では失われてしまった「美」を取り戻すことがALL-CITYの目指すところ。

スポーツバイクの世界は今も、とてつもないスピードで流れていて、日に日に新しい規格が生み出され、消えていく製品がある。
ヴィンテージバイクが美しいからと言って、古い自転車を現代でも乗り続けるには相応のエネルギー(時間とお金)が必要になる。
これは美しさとスペックを兼ね備えたハンドメイドバイクにも言えること。

限りある時間・限りあるお小遣いの中で良質で美しい自転車を考えたとき、きっとALL-CITYが最良の選択肢となってくれるはず。

SS
ee
rr
vv
ii
cc
ee

Cycle Shop

サイクルショップでは、商品の販売や紹介を通して様々な遊びの体験を提案しています。

Stay Village

釣り、山登り、史跡巡りなど千早赤阪村を自転車で遊び尽くしてもらうための遊びの拠点となる宿泊場所を現在準備中です!

Rental Cycle

街乗りでは味わうことが出来ない、自然の中を駆け抜ける楽しさを体験出来きるレンタサイクルを現在準備中です!

MTB Trail

自然溢れる千早赤阪村で、思う存分自然の中を駆け抜けることが出来るMTBコースを現在準備中です!